不正咬合に関するうんちく!満載!【福井市内で出っ歯や八重歯の矯正】

【上顎前突(出っ歯) 6〜12歳頃】 スマイル博士のちょっといい歯の話L

 

どのような歯並びに対して、

いつから予防・矯正治療をスタートしたらいいのか?  その5

 

 

<その四> 混合歯列期(6〜12歳頃)の噛み合わせ
                             〜上顎前突(出っ歯)〜

 

 

長年指吸いダコができるほどおしゃぶりを続けたり
鼻で呼吸ができないと上顎前突(出っ歯)になってしまいます(図1)。

 

指しゃぶりはハビットガードなどの装置を使って
強制的に止めさせることもできますが、お子様にとって精神的な負担になり
ストレスが増加してしまう可能性があるためお薦めできません。

 

それよりも、お父さん、お母さんがお子様と一緒にいる時間を多くとり
たくさん愛情を感じさせてあげることが大切だと思います。また、お子様が喜ぶような事や
熱中できることに時間を費やしてみるのも良いでしょう。そうすることで、指しゃぶりが治ることもあります。

 

それでも上顎前突になってしまった場合は、上顎を広げる装置(SPE)を装着します(図2)。

 

前回ご紹介した装置との違いは、前歯のところにワイヤーがある点です。
装置が側方に拡大されることによって、ワイヤーが後方に引っ張られます。
その力で前歯を後ろに入れていくという方法になります。

 

大手グリーン歯科 矯正 出っ歯(図1)上顎前突(治療前)【出っ歯】
大手グリーン歯科 矯正 進行
大手グリーン歯科 矯正 出っ歯(図2)上顎を広げる装置(SPE)
大手グリーン歯科 矯正 進行
大手グリーン歯科 矯正 出っ歯(図3) 図1の上顎拡大後
大手グリーン歯科 矯正 進行
上顎が拡大できたら、
徐々に歯並びを整えてゆきます。

 

 

福井こどもの矯正へ→CLICK!

 

 

 

 

 

 

 

 

page top