不正咬合に関するうんちく!満載!【福井市内で矯正】

12.どのような歯並びに対して、いつから予防・矯正治療をスタートしたらいいのか? その4

スマイル博士のちょっといい歯の話J

 

どのような歯並びに対して、

いつから予防・矯正治療をスタートしたらいいのか?  その3

 

 

<その四> 混合歯列期(6〜12歳頃)の噛み合わせ
                             〜反対咬合(受け口)〜

 

 

通常、乳歯は下の前歯から順に永久歯(大人の歯)へと生え替わっていきます。
この時期、一番に矯正治療をしなければならない歯並びは「反対咬合(受け口)」です(図1)。

 

なぜなら、生え替わりの時期に反対咬合があると、
以下のようなデメリットが生じる可能性があるからです。

 

 @上顎骨の成長抑制をする可能性がある。

 

 A口を閉じる時、最初に前歯が当たることが多いため、前歯が摩耗(磨り減る)したり、
  咬合性外傷(噛み合わせが悪く、歯と歯周組織にダメージを与える)を起こす可能性が高い。

 

そのため、反対咬合の治療は早いほど良いのです。

 

治療には、舌側弧線装置(図2)を使う事が多数。
その理由は、上顎の裏側に装置を装着するため見た目が良く、違和感が少ないためです。
さらに、取り外し可能な装置に比べると確実に力が加わり、患者様ご本人の協力性に左右されません。

 

治療期間は反対咬合の程度によりますが、
早ければ1日、平均的には1?2ケ月、長くても半年くらいで噛み合わせの改善ができます。

 

 

福井こどもの矯正へ→CLICK!

 

 

関連ページ

1.日米間の矯正歯科分野に関する違い
歯に関するうんちく!満載!
2.歯並びのチェックポイント その1
歯に関するうんちく!満載!
3.歯並びチェックポイント その2
歯に関するうんちく!満載!
4.歯並びが悪いことによるデメリット
歯に関するうんちく!満載!
5.なぜ歯並びが悪くなるのか その1
歯に関するうんちく!満載!
6.なぜ歯並びが悪くなるのか その2
歯に関するうんちく!満載!
7.不正咬合の予防 その1
不正咬合に関するうんちく!満載!
8.不正咬合の予防 その2
不正咬合に関するうんちく!満載!
9.どのような歯並びに対して、いつから予防・矯正治療をスタートしたらいいのか? その1
不正咬合に関するうんちく!満載!【福井市内で矯正】
10.どのような歯並びに対して、いつから予防・矯正治療をスタートしたらいいのか? その2
不正咬合に関するうんちく!満載!【福井市内で矯正】
11.どのような歯並びに対して、いつから予防・矯正治療をスタートしたらいいのか? その3
福井で受け口、八重歯、出っ歯などの矯正行っております。まずはご相談ください。
13.どのような歯並びに対して、いつから予防・矯正治療をスタートしたらいいのか? その5
不正咬合に関するうんちく!満載!【福井市内で矯正】
14.どのような歯並びに対して、いつから予防・矯正治療をスタートしたらいいのか? その6
不正咬合に関するうんちく!満載!【福井市内で矯正】
15.どのような歯並びに対して、いつから予防・矯正治療をスタートしたらいいのか? その7
不正咬合に関するうんちく!満載!【福井市内で矯正】
16.どのような歯並びに対して、いつから予防・矯正治療をスタートしたらいいのか? その8
混合歯列期における矯正治療(第一期治療)の目標は、次の通りです。(ただし、その医院により異なる事もありますので、あくまでも私見です。)
17.カッコイイ大人のための矯正講座 その1
オリンピックでの日本選手の活躍は感動的でした。しかし、笑顔のグローバリゼーションは残念ながら、世界の基準を満たすものではありませんでした。
18.カッコイイ大人のための矯正講座 その2(古今東西的共通点)
オリンピックでの日本選手の活躍は感動的でした。しかし、笑顔のグローバリゼーションは残念ながら、世界の基準を満たすものではありませんでした。
19.抜歯してでもする矯正治療  その1
世界情勢だけでなく、矯正歯科界にとってもカオスの時代なのかもしれません。
23.抜歯してでもする矯正治療  その6
理想的な歯並びの条件として、「上の前歯が下の前歯を3〜4mm覆う。」という事も条件の一つとして上げられます。

 
トップ 診療科目一覧 矯正治療 インプラント 院長ごあいさつ アクセス