こどもの矯正治療 【福井市・福井市駅前・大手】

こどもの矯正治療

子供の矯正

こども達に矯正治療をおすすめする理由

笑顔いっぱい

お子様の矯正治療は
歯やあごの成長と
密接に関係しています。


乳歯列が完成する前に、受け口になるのを防げるケースも多いですし
永久歯が生えそろうのを待って始めた方が良いケースもあったっりと
単純に「早く始めれば良い」というわけでもありません。
こどもたちの歯列を見て違和感を感じはじめたならば
すみやかにご連絡ください。

 

まずは初期診断&カウンセリングを受けていただき
無理のない治療計画を提案します。

 

早期診断することで、最適な治療計画を立てることができ
治療費も抑えることができます。
昨今、信頼できる治療方法が多様にございますので
治療中のみためにも配慮する事ができます。

 

治 療 例

福井市_矯正の種類_受け口
福井市_矯正の種類_受け口
福井市_矯正の種類_でこぼこ
福井市_矯正の種類_出っ歯
福井市_矯正の種類_非対称
   ※写真をクリックすると矯正経過の詳細がご覧になれます。 
   ※この他にも様々なケースがございます。

 

 

矯正の種類_インビザライン

 

福井で透明のマウスピース矯正

「インビザドクター」にて、福井の「インビザライン(透明のマウスピース矯正)」専門医として「大手グリーン歯科」が紹介されています。

 

大手グリーン歯科 不安な女の子

そんな方へ!

インビザラインのイラスト動画を製作しました!是非ご覧ください。

 

 

 

お子様の矯正治療開始時期について

 

治療のタイミング (混合歯列期と永久歯列期)

お子様の矯正治療には、永久歯の萌出状態によって2つの開始のタイミングがあります。

 

最初のタイミングは乳歯と永久歯が混じった混合歯列期
だいたい6歳から12歳ぐらいに相当します。混合歯列期の矯正治療を1期治療と言います。

 

二番目の治療タイミングは第一大臼歯までの永久歯が生え揃った永久歯列期です。
永久歯列期の矯正治療を2期治療といいます。

 

どちらのタイミングで治療を開始するかは、患者様のお口の状態や成長の予測によって異なりますので
似たような歯並びのお友達が早く治療を始めたからと言って、ご自分のお子様も早く始めなければならないとは限りません。
焦らず、矯正歯科医にご相談なさってください。

 

オゾンの新商品

 

 

1期治療 (混合歯列期から始める矯正)

 

永久歯が生えそろう前、いわゆる「生え変わりの時期」の矯正治療です。この時期のお子様のあごや歯は成長段階にありますので、1期治療が永久歯列に与える影響を考慮し、将来的な成長を予測しながら進める必要があります。

 

矯正治療が目標とするのは、永久歯列がきれいに並び、正しく機能するかみ合わせを作ることです。混合歯列期の矯正治療(1期治療)は、本格的な矯正治療(2期治療)を行うまでの予備的な矯正(予防矯正)の意味合いが強くなります。1期治療が永久歯列期に有効に働くと予測されない場合は、永久歯が生えそろうまで待って2期治療を行う場合もあります。

 

1期治療が必要となるケース

 

1期治療を行うのは、早期に治療をする必要があると考えられえる場合のみです。
緊急性を認められない場合は、永久歯が生えそろうまで定期観察を続けます。

 

1.2期治療が不要となる、または治療期間を短縮できるケース

混合歯列期に矯正治療を行うことで、永久歯が理想的な状態で生えて来ることが予測できる場合。
または、混合歯列期の不正咬合をそのままにしておくと、永久歯列期により重度な不正咬合となることが予測される場合(永久歯が生える場所がないため、横から生えてひどい叢生になってしまうなど)。

 

2.2期治療における患者様の負担が軽減できる場合

2期治療が必要なことが予測されていても、混合歯列期に1期治療を行っておいた方が2期治療が効果的に進むと思われる場合。

 

 

 

 

2期治療(永久歯列期から始める矯正)

 

永久歯が生えそろってから始める、本格的な矯正治療です。1期治療を終えた後、永久歯が生えそろってから再び2期治療を始めるケースと、1期治療は行わずに2期治療だけ行うケースがあります。
大人の矯正治療(成人矯正)も2期治療に含まれ、永久歯列の歯並びを整えることと、正しく機能するかみ合わせを作ることを目的として行います。

 

2期治療では、場合によっては抜歯が必要となることもあります。当院ではできるだけ歯を残すことを考えた治療をご提案していますが、必要な場合には抜歯をおすすめすることがございます。
抜歯をすることのメリット・デメリットについてきちんとした説明を行っており、患者様の同意を得られない限り無理に抜歯をすることはございません。ご不安なことがあれば、カウンセリング時に遠慮なくお尋ねください。

 

 

装置が目立つのが嫌だとお考えの方へ

これまでは「矯正歯科は金属の装置が目立つ」という印象がありましたが、“目立つ”という欠点を補うために、透明色のマウスピース矯正装置が開発されました。治療期間中でも取り外しが可能で、受付や接客業など人前に出ることが多い職業の方でも、見た目を気にせずに矯正治療を行うことができます。ブライダルの予定がある方にも好評です。

 

もっと詳しく知りたい方はこちら ↓
インビザイン福井市駅前で申込み

 

 

 

関連ページ

おとなの矯正治療
永久歯(大人の歯)が生えそろってからの矯正治療は、2期治療と言います。永久歯が生えそろう時期には個人差がありますが、中学生・高校生のお子様は2期治療となり、成人の矯正と同様の治療を行うこととなります。

 
トップ 診療科目一覧 矯正治療 インプラント 院長ごあいさつ アクセス