不正咬合に関するうんちく!満載!【福井市内で矯正】

 【叢生(デコボコ) 6〜12歳頃】 スマイル博士のちょっといい歯の話N

 

どのような歯並びに対して、

いつから予防・矯正治療をスタートしたらいいのか?  その7

 

 

<その四> 混合歯列期(6〜12歳頃)の噛み合わせ
                             〜叢生(デコボコ)〜

 

 

叢生(デコボコ)があり(図1)、来院のタイミングが遅く
十二号で紹介させていただきましたSPEを装着する時間がない場合で
成長が残っている場合には急速拡大装置(RPE)を用います(図2)。

 

成長が残っているかどうかの判断は、手のX線写真(手根骨)で判断致します。
思春期成長の最中であれば、装置の効果はかなりあります。
この装置の特徴はかなり違和感がありますが、短期に上顎骨を拡大致しますので
図3のように中切歯(真中の前歯)の間に隙間ができるくらい拡大できます。
その結果鼻の通りも良くなる事が多いです。

 

真中の隙間は自然放置でも、きれいに隙間が閉じてくるので問題はありません(図4)。

 

この患者様は、成長発育中に上顎を広げる事ができたため
犬歯が並びきらない程のデコボコがあるにもかかわらず
歯を抜かずに矯正治療を終える事ができました。

 

大手グリーン歯科 叢生(デコボコ) 矯正(図1)叢生(デコボコ)
大手グリーン歯科 矯正 進行
大手グリーン歯科 叢生(デコボコ) 矯正 (図2)急速拡大装置
大手グリーン歯科 矯正 進行
大手グリーン歯科 叢生(デコボコ) 矯正(図3)図1の拡大後
大手グリーン歯科 矯正 進行
大手グリーン歯科 叢生(デコボコ) 矯正(図4)図3の2ケ月後
大手グリーン歯科 矯正 進行
大手グリーン歯科 叢生(デコボコ) 矯正大手グリーン歯科 叢生(デコボコ) 矯正 (図5)同症例の矯正治療終了後

 

 

福井こどもの矯正へ→CLICK!

 

 

 

page top